2016年 07月 18日

160718

・天候/曇時々雨 ・風向/北西 ・気温/28℃ ・水温/28-29℃ ・透明度/30-40m
・ポイント/ドブ磯/長崎/南バラバラ ・ガイド/瀬戸G・かおり

西側の波は治まったのですが、透明度を求めて東のドブ磯へ
水温29℃の透明度は軽く40Mを越えています。
イソマグロの数は少ない物の水面直下のコバンアジの群れが青い水に映えて
格好の被写体になってくれます。
常連のシテンチョウチョウウオも健在で一安心
ミナミの根に渡るとナンヨウハギ・カスミチョウチョウウオの上にバラクーダも現れて
のんびりゆったりのドリフトDVでした。

続いて長崎
のんびりとのんびりと~
のはずでしたが以外に流れが!!
なのでツバメウオはあっちでキラン★こっちでキラーン★
その度に、何々?大物か?
なんて騙されていました(笑)
ノコギリダイにアカヒメジはのんびりと
シラヒゲエビやスカシテンジクダイ・キンメモドキ・ミナミハタンポなどのんびりと見て来ました。

最後は南バラバラをチョイス!
明日から泊りケータで回遊魚系は満喫できると思うので
ここはあえて浅い水深のFWポイントへ!
ENTするとミナミイスズミの大群が降って来て、ダイバーの周りをとり囲みます。
黄色の個体も多く混ざっていてキレイです。
点在するサンゴの陰にはアジアコショウダイや譜代も大きな群れを作っています。
流れて来るスジクロハギの群れを見ながらドリフトして行くと、最後にはサボテンミドリイシの群生地に到達
雲の様にホウセキキントキが浮いているのを見ながら浮上開始となりました。(瀬戸G・かおり)

by kaizinlog | 2016-07-18 10:23 | ダイビングツアー


<< 160720      160717 >>