2015年 10月 03日

151003

・天候/晴れ ・風向/北 ・気温/30℃ ・水温/24-26℃
・透明度/20-25m・ポイント/マンゾウ穴/北一つ岩・ガイド/瀬戸G

本日は定期船、出港日の為に午前中2DVとなるので
水深が浅めで、なおかつお客様のリクエスト(地形&白い砂地)
にマッチしたマンゾウ穴へ
いつもと逆に北側からENして、穴の入口へ行くと
ミナミイスズミ・カッポレが乱舞してキレイです。
中にはネムリブカが3匹シルエットで旋廻
頭上からは光が射し込んでシャッターチャンス
穴を抜けて岩場を回るとクマザサハナムロに360℃囲まれ
水面直下にはギンユゴイとコバンアジが群れていました。

白い砂地は居心地抜群だし、タテキンyg・ノコギリヨウジなど
マクロも充実のマンゾウ穴でした。

2本目はアオウミガメ遭遇率急上昇の北一つ岩へ
水温は水底付近で24.7℃と低めで、透明度はイマイチでしたが、
常連組のミナミイスズミ・アカヒメジ・アジアコショウダイ等々は
定位置に配置済みで助かります(笑)
サボテンミドリイシにはウケクチイットウダイやノコギリダイが定位置に配置済みで助かります。
その中にはアオウミガメ2頭発見!!
1党はおなじみの亀フジツボをつけた個体で
食事に夢中なのか、ダイバーが顔を直前までいっても逃げる事無く
撮影させてくれました。
a0335173_13465912.jpg

その後も2頭のカメに出会う事が出来、
2頭のカメと出会う事が出来、最近ではぼ100%
カメ好きにはおススメです

by kaizinlog | 2015-10-03 13:25 | ダイビングツアー


<< 151009      151002 >>